スポーツ施設の利用料が安価で、民宿等の宿泊施設もあり、京都や大阪から1時間半程度で来ることができる高島市は、大学やスポーツ団体等にとって、練習や合宿場所として大きな魅力であることから、この優位性をさらに高めていくため、以下のとおり提言する。
  1.  市内にあるスポーツ施設と宿泊施設の総合予約システムの構築
    ・ICTを活用して、市内各スポーツ施設や宿泊施設の有機的な連携(予約の受付や空き状況の一括管理、空き施設の紹介 等)を図ることにより、高校や大学等のスポーツサークルの合宿等を誘致し、学生スポーツ合宿のメッカとしての知名度アップを図る。
  2.  高島市内で開催されている各種大会(びわ湖高島栗マラソン、びわ湖高島ペーロン大会、びわ湖横断リレー大会、びわこトライアスロンin高島 等)と高島市内観光を融合することにより、交流人口の拡大や地域経済への波及効果を目指す。
  3.  メタボ対策、ロコモ対策ともリンクさせながら、グラウンドゴルフ大会等を開催し、高齢者でもスポーツに親しめるまちづくりを推進する。
  4.  各種事業を推進するプラットフォームとして、スポーツ推進協議会や地域総合型スポーツクラブ、種目別スポーツ団体、大学、支援企業等の連携・協働による「地域スポーツコミッション」の設立をめざす。
  5.  グランドの芝生化等による施設水準の向上を図り、集客できるスポーツイベントの誘致を行う。
  6.  施設整備のための民間スポンサーの開拓